小児歯科

「歯医者さんは行きたくないところ」多くの人がそう感じているのは、なぜなのか?

それはひとえに“子供の頃の辛い記憶”ではないかと思います。

赤ちゃんの口内では、お腹の中にいるときから歯の芽が育ち始め、生後6ヶ月頃から乳歯が生え始めます。

乳歯は3歳くらいまでに全て生えそろいますが、大人の歯である永久歯と比べて歯全体が柔らかいため虫歯にかかりやすく、弱いのが特徴です。

お子さんの歯(乳歯)は、将来の顎の成長に大きく関わってきます。「乳歯なんてどうせ抜けるんだし・・・」と放っておくことで後に取り返しの付かないことになってしまうこともあります。

また、乳歯や生え替わったばかりの永久歯は虫歯にかかりやすく、日頃のケアや定期検診がとても重要なのです。

とは言え、お子さんにとっては何をされているのか分からない世界。無理やり連れてこられた上に慣れない環境で口の中を触られては、怖くなってしまうのも無理はありません。

そこで当医院では、いきなり治療を始めるのではなく、お子さんが歯科や器具に慣れてもらうことから始めていきます。

歯医者嫌いのお子さんを作らない、そして将来に渡る歯科医院との付き合いが辛いものにならないよう、充分配慮しています。

また、当医院の衛生士自身の子育て経験から、歯のケアに対するアドバイスも実施しています。

むし歯を治すのはそれなりに大変ですが、むし歯にならないようにするのは難しくありません。

お子さんの歯は6ヶ月頃から生え始め、12歳頃には大人の歯並びが形成されてしまいます。逆に言うと、その期間までに十分なケアをしておけば、将来にわたるお口のトラブル(リスク)をかなり軽減させることが可能なのです。
当医院では、その期間のお子さんの歯の健康を守っていくための最適なサポートを行っています。

クボタ歯科の小児歯科治療

当医院では、お子様の歯の健康を守るために「フッ素塗布」「シーラント」などの治療を採用しています。

  • ■フッ素塗布歯の表面にフッ素を塗布することでエナメル質を強化し、虫歯に対する抵抗力を高める治療です。
    初期の虫歯ならばフッ素塗布だけで完治することもあります。
  • ■シーラント子どもの奥歯は溝が深く、特に虫歯になりやすい箇所です。
    その溝をプラスチックで埋めて虫歯を防ぐ方法がシーラントです。
初めての患者様へ