インプラント

あなたはインプラント治療にどんなイメージをお持ちでしょうか?

インプラント治療とは、病気や外傷によって歯が機能を失った場合に、それを回復するため人工の歯根を植え込む治療法を指します。

入れ歯の代わりとして、または失った部分の補強として、多くの歯科医院で積極的に進められている治療でもあります。

しかし、何かあったらすぐに「インプラントをしましょう」と、インプラント治療がさも万能であるかのように扱われている風潮がありますが、これは非常に危険です。

インプラントが優れた治療法であることは確かですが、あくまでも人工歯を埋め込むのであって、決して天然歯が元通りになる訳ではありません。

また、人工歯といえば永遠に保たれるように思われる方も少なくありませんが、それは大きな誤解です。インプラントは歯骨に打ち込むのですが、骨には非常に細かい神経が通っています。

天然歯と同様、場合によってはそれ以上にしっかりとメインテナンスを行わなければ、症状悪化のリスクは無くならないのです。

あなたが既に持っている“1,000万円の資産”を守りましょう

インプラント治療では、状況にもよりますが歯1本につき約30万〜45万円ほどの治療費がかかります。もし、あなたが全ての歯を失い人工歯(インプラント)を入れた場合、800万円以上、場合によっては1000万円ほどかかる場合もあるのです。

しかし逆に言えば、既にあなたは1,000万円の資産を持っているのです。だから、まずはその資産を守ることを考えて欲しい。それが当医院の心からの願いです。

クボタ歯科が考えるインプラント治療の方針

では、どんな場合にインプラント治療が必要なのでしょうか。当医院では、インプラント治療を次の2つの軸で考えていきます。

  • その1.全ての歯を無くした人に対しての治療全ての歯を無くした人に対しての治療。
    全く歯の無い人、または広範囲の歯を失った人にとって、総入れ歯(部分入れ歯)は安定せず非常にストレスです。
    そこで、歯としての機能を取り戻し、より快適な生活をおくる為の手段としてインプラント治療を行います。
  • その2.他の歯を守るために一部分を埋めるための治療一部分を埋めるための治療。
    例えば、奥歯を失った人へ、しっかりとした奥歯を再現する場合も有効です。噛み合わせの土台となるのが奥歯だからです。
    歯を失った場合、保険で適用される治療法はブリッジです。しかし、ブリッジを行う場合は両側の歯を削る必要があるのです。せっかく天然で残っている歯を削ることで、歯を失うきっかけを作ってしまう事になりかねません。
    そこで、他の歯への影響が少ないインプラント治療が有効となります。
    この考え方(ミニマムインターベーション:最小限の治療範囲)は、現在の歯科の主流となっています。

「予防」の観点から考えるインプラント、とは?

歯が崩壊していくのを防ぐのがインプラントの役目。

最後に、、、
インプラント治療を前面に推し進めるということは、逆にそれ以外の選択枝を与えない可能性があります。また、歯を失った原因が何なのかによっても治療へアプローチ法が全く異なってきます。

安易にインプラントに走るのではなく、まずはきちんと診断を受けてご自身の状況や治療内容を充分ご理解いただいた上で、総合的に判断されることをお薦めします。

繰り返しになりますが、歯は一度失うと決して再生されません。お金をかけたからと言って完全に復活するものではないのです。

症例紹介はコチラ >>

初めての患者様へ