予防歯科

「痛くなったら行く場所」から、「痛くならないように行く場所」へ

長い間、日本人の歯科に対する従来のイメージは「痛くなったらいくところ」が主流だったのではないでしょうか。

逆に言えば、痛みはないけど悪くならないように、健康な歯や歯ぐきを保つために歯科医院に通うという発想を持つ人は少数派だったのが実情かもしれません。

しかし、お口の健康が、体中の健康に影響を及ぼすことが次第に明らかとなり、また、国民の健康に対する意識レベルも上がってきたことで、病気にならないためにより豊かな生活を送るために歯科医院へ通うという考え方が浸透しつつあります。

もうこれ以上、むし歯や歯周病で辛い思いをしたくない。
そして、いつまでも自分の歯でおいしい食事を楽しみたい。
お口のトラブルを気にすることなく、自然な笑顔で大切な人と接したい。

それを可能にするのが、定期検診(メインテナンス)です。

メンテナンスには、セルフケアとプロフェッショナルケアに分かれます。

セルフケアとは、自己責任のもとに健康のためになる習慣や慣習などを実践することです。
歯で言えば、毎日の歯磨きやキシリトールガムなどがこれにあたるでしょう。

一方、プロフェッショナルケアとは、医療の専門家によるケア、つまり、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う専門的なケアのことをいいます。

この、セルフケアとプロフェッショナルケアの組み合わせによって、お口の健康を維持し続けることが可能となるのです。

そして、治療が終わった後、「治療後」こそがメンテナンスに取り組む絶好の機会です。
なぜなら、何らかの原因があったから治療せざるを得ない状態に至ったわけです。
ですから、その原因を作らない習慣を身に着けなければ、再発してしまう危険性は拭い去れません。

当院では、患者様のお口の健康を保つためにお役にたてるよう、お一人お一人に合ったメンテナンス法をご提案、ご提供しております。

治療を終えたらぜひメンテナンスを受けていただき、いつまでも健康で美しいお口を保っていきましょう。

初めての患者様へ